MacBookハードディスクアップグレード方法

2008 年 9 月 2 日 – 1:38 PM

MacBookのハードディスク、160GBから320GBへ交換する手順

if @Mac OS10.5(Leopard) && Use Time Machine
{
  ・タイムマシンで外部HDDにバックアップする。
}
・本体裏のバッテリーを外す。
・メモリスロット及びハードディスク挿入口を保護している金属プレートを外す。(ネジ3本)
・メモリスロット口を奥にすると左側にハードディスクがあるので、その抜き取るためのフィルムを引っ張ってハードディスクを外す。
・ハードディスクカバーを外して新しいハードディスクに装着する。
・新しいハードディスクをスロットにきちんと押し込む。
・あとは外した時の反対を行い状態を元に戻す。
if @Mac OS10.5(Leopard) && Use Time Machine
{
  ・LeopardのCDを入れMacBookの電源を入れる。
  ・インストーラーが起動するので、ユーティティーでハードディスクを初期化する。
  ・あとはタイムマシンでバックアップした内容から復元を選び実行すれば、元の環境が復元される。
}
else
{
  ・交換前のHDDをUSB I/Fケースに入れてそこから起動する。
  ・CCCで新しく取り付けたHDDにクローンを作成する。
}

以上

Mac の PRAM および NVRAM をリセットする

2008 年 7 月 15 日 – 1:53 PM

※以下はアップルサポートページより貼り付け

  • 最終変更日時: 13 May, 2008
  • 記事: HT1379

概要

Macintosh コンピュータの PRAM(パラメータ RAM)および NVRAM(不揮発性 RAM)をリセットする方法についてご紹介します。

重要:お使いのコンピュータをシステム終了したときにコンピュータのパラメータ RAM (PRAM) の設定が維持されない場合、通常バッテリーを交換する必要があることを示します。「Macintosh Family: バッテリと製品番号(パート 2)」を参照してください。

関係する製品

ポータブルコンピュータ, デスクトップコンピュータ

PRAM および NVRAM をリセットする

  1. コンピュータをシステム終了します。
  2. キーボードで「command」「option」「P」および「R」の各キーの場所を確認します。手順 4 でこの 4 つのキーをすべて同時に押す必要があります。
  3. コンピュータを起動します。
  4. 「command + option + P + R」のすべてのキーを押したままにします。このキーコンビはグレイの画面が表示される前に押し始めてください。
  5. コンピュータが再起動して起動音が 2 回聞こえるまでこのキーコンビを押し続けます。
  6. キーを放します。

コンピュータの PRAM と NVRAM がデフォルト値にリセットされます。一部のモデルでは時計の設定がデフォルトの日付にリセットされます。

PowerBook または iBook コンピュータの PMU をリセットする

トラブルシューティングを行う際に PRAM をリセットしても問題が解決しない場合、次の手順として PMU をリセットすることがあります。この手順をどのような場合に実行するかおよび、PowerBook コンピュータの PMU をリセットする方法については、「PowerBook および iBook のパワーマネージャ (PMU) のリセット」を参照してください。

追加情報

Open Firmware で NVRAM をリセットする

お使いのコンピュータに Open Firmware が採用されていて上記の手順では NVRAM をリセットできない場合、「「起動を続けるには、「mac-boot」と入力して return キーを押してください」メッセージ」にある手順を使って NVRAM および Open Firmware の設定をリセットすることができます。

PRAM の内容

一部の Macintosh コンピュータでは、以下の設定の一部が用意されていないことがあります。Mac OS X に関する情報については、「Mac OS X: PRAM には何が保存されますか」を参照してください。

  • AppleTalk のステータス
  • シリアルポートの設定とポート定義
  • アラーム時計の設定
  • アプリケーションフォント
  • シリアルプリンタの場所
  • キーの繰り返し速度
  • キーの繰り返しまでの遅れ
  • スピーカーの音量
  • 警告(ビープ)音
  • ダブルクリックの速さ
  • 挿入ポイントの点滅速度
  • マウスの速度
  • 起動ディスク
  • メニューの点滅カウント
  • モニタの表示色数
  • 32 ビットアドレッシング
  • 仮想メモリ
  • RAM ディスク
  • ディスクキャッシュ

最新情報は下記を参照
http://support.apple.com/kb/HT1379?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

FCP QuickTime変換時におけるアスペクト比の指定方法

2008 年 7 月 9 日 – 1:06 AM

QuickTime変換においてのアスペクト比の指定方法は以下の例のように設定する必要がある。

ワイド(16:9)で録画した映像のシーケンスをワイドのままのアスペクト比でQuickTime変換する場合、変換時の設定でサイズを16:9になるように指定する。例えば幅320ピクセルにするならば高さは180と指定すればよい。320:180=16:9
もし、320×240などと指定すると縦に歪んだ縦長の映像が出来上がることになる。決してレターボックスには仕上げてくれないので要注意!
通常QuickTimeでは、ワイド画面はワイドのまま指定すればよい。

Rbkテスト用ケーブル(基盤タイプ)の操作方法

2008 年 6 月 29 日 – 12:17 AM

RBKキー入力テストにおいて失敗した後、同じキーボードで接続解除なしで継続してテスト行う場合、接続ケーブル基盤上のスイッチを下記のように操作する必要がある。

  1. 基盤上のPower, NMI and Update switchをすべてOFFにする。 
  2. 基盤上のPower switch ON
  3. 基盤上のUpdate switch ON

PCと接続した状態で上記操作することでテストを開始することができる。
※これをやらないと「キーボードが見つからない」エラーとなる。 

NEC PC98xxシリーズのHDフォーマット

2008 年 6 月 13 日 – 10:21 AM

FORMAT.EXE の起動時の状態により下記フォーマット種別を選択できる。

「カナ」キーをON — 物理フォーマット
CAPS ON — 論理フォーマット

NEC PC9801 etc.

リソースDLLの作り方

2008 年 6 月 13 日 – 10:17 AM

空のDLLプロジェクトを起こし、リンクオプションに、/NOENTRY を指定する。