サイト設置など@EC-CUBE 2.11.4

2011 年 12 月 13 日 – 1:16 AM

例えば、http://xyz.com/shop/ に設置する場合、次のような手順でインストールする。
※ドキュメントルートを /var/www/html/ とする。

  • 前準備としてデータベースを作っておく。
    mysql> create database eccube_db;
    必要があればユーザーも作っておく。
  • shopディレクトリーを作成
    mkdir /var/www/html/shop
  • eccube-2.11.4を取得する。
    wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.11.4.tar.gz
  • 展開する。
    tar xzvpf eccube-2.11.4.tar.gz
  • dataディレクトリーを設置する。
    mv eccube-2.11.4/data /var/www/html/shop/
  • htmlディレクトリー内容を設置する。
    mv eccube-2.11.4/html/* /var/www/html/shop/
  • パーミッションを変更する。
    chmod -R a+w /var/www/html/shop
  • dataディレクトリーの相対位置を補正する。
    vi /var/www/html/shop/define.php
    3行目、define(“HTML2DATA_DIR”, “../data/”); を
    define(“HTML2DATA_DIR”, “data/”); に変更
  • ブラウザより、http://xyz.com/shop/install/
  • 後は指示に従いインストールを進める。

SSL等のURL関連定義は、下記ファイルを編集する。
vi /var/www/html/shop/data/config/config.php

自分で追加した.cssファイルを有効にするには、下記ファイルを編集する。
vi /var/www/html/shop/user_data/packages/default/css/import.css
管理画面より、mystyle.css を追加した場合、下記記述を追加する。
@import url(“./mystyle.css”);

以下は、import.css 初期内容
— import.css —
@charset “utf-8”;
/************************************************
import css
************************************************ */
@import url(“./reset.css”);
@import url(“./common.css”);
@import url(“./contents.css”);
@import url(“./table.css”);
@import url(“./bloc.css”);
@import url(“./bloc_alpha.css”);
@import url(“./popup.css”);
@import url(“./print.css”);
/*
*/

Sorry, comments for this entry are closed at this time.