spamassassinが動作している環境からspamassassinを外す

2013 年 5 月 22 日 – 12:32 PM

CENTOS6 postfix環境で、すでにspamassassinが稼働している状態からspamassassinを機能しないようにする。

■/etc/postfix/main.cf
mailbox_command= 行をコメントアウト(行頭に#を付加)

■/etc/cron.d/sa-update
ルール自動更新行をコメントアウト

■/etc/cron.daily/spamassassin-update
/rootに移動(後で復活できるように保存)

■spamassassin stop
/etc/rc.d/init.d/spamassassin stop
chkconfig apamassassin off

※外部からメールを送り、ヘッダー情報にSPAMチェックがないことを確認。
※様子を見てSPAMが問題になるようなら、元に戻す。

以上

Sorry, comments for this entry are closed at this time.